採用に関するご質問等はこちら 03-5717-1830 受付時間 平日9:00~18:00(年末年始をのぞく)

みずたま介護ステーション

東京海上グループの「みずたま介護ステーション」で一緒に働きましょう!

自分スタイルの働き方 みずたま介護ステーションで働くヘルパーさんの一日をご紹介します!

みずたま介護ステーション元住吉 みずたまヘルパー(登録ヘルパー) 鄭雅文

07:20 モーニングケア

鄭さんの1日は、7時20分からのモーニングケアから始まり、30分の身体介護ケアを連続4回行います。
みずたま介護ステーション元住吉への入社前は、他の訪問介護事業所で働いていましたが、生活援助の仕事が中心だったので、身体介護を行いたいと思い、ブレーメン通りで【みずたま介護ステーション】の看板を見つけ、飛び込んで来られました。
その時の鄭さんの笑顔がとても素敵でした。

7時20分~7時50分 N様 起床介助
8時~8時30分 H様 おむつ交換
8時45分~9時15分 K様 食事介助、水分補給
9時30分~10時 S様 服薬介助、清拭

みずたま介護ステーションでは、初心者の私に丁寧に教えてくれました。今もわからないことがあるとすぐ相談します。

10:00 自宅で仕事と勉強

10時~10時30分 自宅
鄭さんは、朝のケアを終えると、一旦、帰宅し、ご主人の貿易関係のお仕事を手伝います。30分の短い時間でメールのチェック、返信をテキパキとこなします。

子供も手を離れ、自分の時間が出来たので、将来の為に介護の勉強をしようと思ったのが、ホームヘルパーの資格をとったきっかけです。ただ、主人の仕事を手伝う必要があったので、介護の仕事の中でも時間を有効的に使える訪問介護の仕事がぴったりでした。

10:50 午前の最後のケア

10時50分~11時50分
M様 おむつ交換、清拭
午前の最後のケアを行います。M様はパーキンソン症が重度化され、身体介護の高い技術力が求められます。

みずたま介護ステーションでは同行訪問や事前説明がしっかりしているので安心感があります。介護の基礎は全てみずたま介護ステーションで教わりました。サービスで悩むことがあるとみんなに相談しています。みんな必ず応えてくれ、これまで長く仕事を続けられました。長期勤務のお祝いの表彰も頂けました。

12:00?18:00 自宅で仕事、ジムでエクササイズ

夜のケアまでご自宅でお仕事をされ、その後、近所のジムでエクササイズ、プールトレーニングをされます。2011年に病気を患い、手術を経験されました。それから健康維持に努めるようになりました。又、鄭さんは2012年の介護福祉士国家試験に合格されました。台湾国籍で言葉のギャップがある鄭さんは猛勉強されたようです。
学習項目を紙に書き出し、廊下やトイレの壁に貼り、学習されました。

ホームヘルパーの仕事をする上で、外国人である自分は、言葉や習慣の壁を乗り越えなければならないと思いました。その中で資格を持つことは自信になるし、仕事の幅も広がるし、学んだことを現場で活かせる、外国人だからこそとらなきゃと思って頑張りました。 また、病気をした身体なので、身体のために目標を立てたほうがいい(イキイキする)とお医者さんにも言われました。合格して、本当に嬉しかったです。

18:55 訪問介護のお仕事

18時55分から訪問介護のお仕事を再び開始します。
ステーションへの報告・連絡・相談は欠かしません。

18時55分~19時25分 M様 おむつ交換
19時30分~20時 H様 おむつ交換
20時30分~21時30分 K様 就寝介助

?将来の夢?お客様は大変な時代を生き抜いた素晴らしい適応力の持ち主。その方々と触れ合う中で、誤解あり失敗あり発見あり喜びあり悲しみありの日々に充実感を持っています。やっと見つけた楽しい仕事です。いつか将来、日本で習得したこの介護技術を海外へ伝えたいと思っています。鄭 雅文