みずたま介護ステーション

東京海上グループの「みずたま介護ステーション」で一緒に働きましょう!

一緒に働きましょう!登録ヘルパー編

> 初心者でも大丈夫!スタッフ対談

「未経験・無資格でしたが、
みずたま介護で5年が経ちました。」

みずたま介護ステーション柏 登録ヘルパー 岩井 詠子 みずたま介護ステーション一之江 所長(サービス提供責任者) 小川以子

岩井ヘルパーが新聞の折り込みを見て、みずたま介護ステーション柏に応募したのが5年前。当時みずたま介護ステーション柏のサービス提供責任者だった、小川エリアマネジャーと、ヘルパーさんの「働き方」について語っていただきました。


小川
「岩井さんが応募の連絡をくれて、面接したのをよく覚えているわよ。すごく緊張していたけど、笑顔が素敵で、この人にぜひ来てほしいなぁ!と思ったの。ヘルパーを始めようとしたきっかけは、お子さんが小学校に入られて、少しずつ自分の時間ができてきたからだったよね。」
岩井
「そうです。ちょうど働こうかなと思っていたときに、新聞の折込みを見て、ヘルパーの資格も取れるし、未経験でも大丈夫ということだったので、応募しました。面接で初めて事業所に行くときは、本当にドキドキしました。」
小川
「会社が資格の受講費用を補助してくれる制度を利用したのよね。」
岩井
「そうです。他にはない魅力でした。」
小川
「資格を取って、いざ働くとなったときは、どうだった?」
岩井
「私は不器用ですし、最初はすごく緊張しましたが、慣れるまで何回も同行訪問をしてくださいましたし、『何でも相談して』と繰り返し言ってくださっていたので、"絶対にサポートしてくれる事業所だ"という安心感がありました。」
小川
「そうだね。何回か同行訪問したこともあったよね。経験の積み重ねと、岩井さん自身の努力で、今ではベテランさんだよね。本当によくがんばってきたよね。」
岩井
「事業所の皆さんのおかげです。あっという間に5年です。今は、"こんな私でもできた!"と嬉しく感じています。」
小川
「岩井さんの希望とスキルに合わせて、サービスに入る時間が少しずつ増えてきたけど、5年続いている理由って何かある?」
岩井
「お客様の『ありがとう』という言葉、私よりうんと年上の方もヘルパーとしてイキイキと働かれている姿、私と同じように子育てと両立しながら働いている仲間の存在です。 あとは、ヘルパーの仕事はサービスとサービスの間で時間を作れるので、そこで家の買い物を済ませたりしています。自分の生活に合わせて働けることは、大きいです。仕事の時間とプライベートの時間とで、生活にメリハリもつきます。」
小川
「未経験の方でもできるお仕事だし、自分の生活スタイルにも合わせやすい仕事だよね。岩井さんもいつも事業所に立ち寄ってくれているよね。」
岩井
「立ち寄りやすい事業所ですし、何より事業所に行けば、ヘルパーさんが同じように集まっているので、情報交換もでき安心できます。」
小川
「いろんな話をしたいし、これからもいつでも事業所に立ち寄ってね。引き続きよろしくお願いします。」
岩井
「こちらこそ、よろしくお願いします。介護職は、社会的意義のある仕事だと日々実感しています。支えてくれる仲間がいますし、多種多様な働き方ができると思います。これからも頑張っていきます!」

未経験や無資格で迷っている方も、ぜひ「みずたま介護ステーション」で一緒に働きましょう!

みずたま介護ステーション エリアマネジャー 小川以子 みずたま介護ステーション柏 登録ヘルパー 岩井 詠子

pagetop

> 研修が充実しています

是非一緒に頑張りましょう。

介護事業部 支援・教育グループ 研修担当 佐藤信子

介護事業部 支援・教育グループ
研修担当
佐藤 信子

介護事業部 支援・教育グループ 研修担当 佐藤信子
「研修について」
ヘルパーさんの入社時には、安心してお客様に接することができるよう、基本的なルールやサービス提供マナーを盛り込んだ「ウェルカム研修」を必ず受講していただいています。また、入社後は訪問介護サービスの知識や技術を更に学んでいただくために、19項目の「ステップアップ研修」も各ステーションにてほぼ毎月開催しています。
また、ケアの同行アドバイス、ケースカンファレンス(事例検討会)や会議でのミニ研修を行い、サービスの質の向上や「粒揃い」のサービスの提供に取り組んでいます。尚、研修や会議への参加は業務扱いとして「手当て」を支給しています。
「みずたまヘルパーさんに期待すること」
ご自宅で生活するお客様を支えるのがヘルパーさんの仕事です。お客様がご自宅で安心して暮らせるようお手伝いしたいという気持ちをお持ちの方であればどなたでも大歓迎です。
「新しい仲間ヘのメッセージ」
みずたま介護ステーションでは、サービスの目的・目標を意識したチームケアに取り組んでいます。ヘルパーさんに「サービス提供の要」として活躍していただける環境を整えています。
自ら学ぶ意欲があり、学んだ事をお客様のために実践していける仲間をお待ちしています。是非一緒に頑張りましょう。

pagetop

> 私たちは「みずたま介護」を選びました!

笑顔が大事!初心者でも大丈夫です。

みずたま介護ステーション初台 登録ヘルパー 宇野久美子

みずたま介護ステーション初台
登録ヘルパー
宇野 久美子

「介護職を目指したきっかけ」
小さい頃から祖父母の居る生活が当たり前だと思って育ちました。祖父母は介護が必要な状態ではありませんでしたが、今振り返るともっといろいろと祖父母孝行をしたかったと後悔しています。そのことが頭の片隅にあり、祖父母の代わりという訳ではありませんが、誰かの役に立ちたいと介護に興味を持つようになりヘルパー2級の資格を取りました。
「現在の働き方」
みずたま介護ステーション初台でヘルパーをしている知り合いから「初心者でも大丈夫だから一緒に働かないか」と誘われ、そのまま面接を受けることになりました。介護職の経験はありませんでしたが現在は週4日勤務で1日に5~6件訪問することもあります。柔軟な働き方を相談できる点も気に入っています。
また、いつかはケアマネジャーの資格を取りたいと思っています。
「職場の雰囲気について」
介護の仕事は初めてということもあって、最初はお客様のお宅に上がることにとても緊張しました。副所長から「笑顔が大事!初心者でも大丈夫!」と背中を優しく押してもらったことが今でも印象に残っています。新しいお客様を訪問する際には、常勤社員と同行訪問し、しっかりと教えてもらいます。ステーションには公私にわたって話ができる優しい人がたくさん居て、とても心強く感じています。アットホームな雰囲気でとても居心地の良い場所です。
「新しい仲間へのメッセージ」
初心者でこの仕事を始めました。多少の失敗はありましたが今では自分なりの工夫もしながら頑張っています。常勤社員の指導も丁寧でいろいろなアドバイスをいただきました。
世話好きな人、「ありがとう」と言われることが好きな人に向いている仕事だと思います。迷っている人は一歩踏み出してみて下さい。

pagetop

毎日が充実しています。

みずたま介護ステーション北千住 登録ヘルパー 菊地未花

みずたま介護ステーション北千住
登録ヘルパー
菊地 未花

「介護職を目指したきっかけ」
祖母を看取った時に「何もしてあげられなかったけど、今の私では、もし両親が介護を必要とする状態になっても何もできない」と感じました。
年齢を重ねてもできる仕事でもあり、その時から介護職を目指そうと心に決めました。
「前職との充実感の違い」
前職は事務職として日中の8時間がデスクワーク中心の単調な業務であり「このままで良いのだろうか」と思うこともありました。
ところが、この仕事を始めてからは、日々充実していてとても楽しいです。担当させていただくお客様とは心を通わせながら誠心誠意のサービスに努めています。次のお客様への移動は、気持ちをリフレッシュするちょうど良い時間であり、1日がとてもメリハリのある生活に変わったと思います。最初に訪問介護を選択したことは間違っていませんでした。
「現在の働き方」
現在は1日に7~9件、月に130時間のペースで頑張っています。先輩社員に質問するとすぐに答えが返ってきて、親切にアドバイスをいただいています。基本は直行直帰なのでステーションに立ち寄らなくても良いのですが、常勤社員の皆様に歓迎してもらえるので、できるだけステーションに顔を出すようにしています。
「新しい仲間ヘのメッセージ」
常勤社員の皆さんのフォローがたくさんあるので心配はありません。事前説明も同行訪問もしっかりしているので安心です。今のお仕事に「何か物足りない」と感じている人も是非みずたま介護ステーションに来てみて下さい。

pagetop

水色のユニフォームが気に入っています!

みずたま介護ステーション新所沢・所沢 登録ヘルパー 安田茂

みずたま介護ステーション新所沢・所沢
登録ヘルパー
安田 茂

「介護の仕事を始めたきっかけ」
測量の会社にいたのですが、その会社が倒産して、再就職先を探していた時にハローワークで紹介されたのが、未経験でも働くことが出来る特別養護老人ホームでした。介護の仕事の知識が全くなかったので、面接の後に図書館でどんなことをするのか調べました(笑)
「自分自身の発見」
介護技術は職場の人の見様見真似で覚えました。又、担当したフロアの半分の人が認知症で、これまで認知症の方に接したことがなく、コミュニケーションのとり方もわかりませんでした。これも職場の中にとても上手にコミュニケーションをとる方がいて、その方を参考にしていました。何もかも初めての経験の中、高齢者の方と接することが苦にならず、普通に接することが出来る自分を発見しました。 見様見真似で行なっていることが正しいのか知りたい、又、技術を基礎から学びたいと思って「ヘルパー2級」の資格を取得しました。
「在宅介護の魅力」
特別養護老人ホームで2年、その後、老人保健施設で3年、働いたのですが、夜勤が厳しいと感じるようになりました。何より家族との生活がずれてしまうことが辛いと思うようになり、夜勤の無い訪問介護へ転職しました。今は、家事にも参加し、家族との時間を大切にしています。 又、施設に勤務していた時から支援は家族の意見も聞いて行なったら良いと考えていました。だけど、施設だとそれは難しい。在宅は必ず、高齢者、その家族と一緒に考えます。実際のサービスもお客様のペースに合わせてすすめるところがとても良いと思っています。
「みずたま介護ステーションの良いところ」
ユニフォームが水色のところ(笑)水色は若々しく見えるので気にいっています。東京海上のグループ企業ということで、本当にしっかりしています。コンプライアンスや給与制度など安心して働いています。

pagetop

現場が楽しくてしかたない!

みずたま介護ステーション上尾 登録ヘルパー 久米原譲二

みずたま介護ステーション上尾
登録ヘルパー
久米原 譲二

「介護職を目指したきっかけ」
寝たきりのおじいちゃんの介護をおこなっていて、この仕事向いてるかもと気づいて、介護福祉士の専門学校に入りました。 就職したのは老人保健施設で4年働きました。人手不足で夜勤がメインでしたが、現場が楽しかった。
「訪問介護へ転職した理由」
老人保健施設で働いて4年も経ってから、介護福祉士の資格で色々な仕事が出来ると知って、調べた中に「相談員」があったのですが、施設以外何も知らないのに「相談員」ってどうなんだろうって思いました。介護の様々な分野を知ることが出来るのは在宅介護だろうと思って転職しました。
「お客様に向きあったコミュニケーション」
訪問介護は施設とかけ離れていて個別ケアのため、気の遣い方が全然違いました。 最初は変な緊張感があって余裕がありませんでしたが、ケアプランに則って行なうだけでなく、お客様やご家族に確認しながら行なう介護が新鮮でした。 仕事に向き合っていると感じています。 コミュニケーションは簡単ではありません。介護されている方が「○○して欲しい」って口に出すのは大変なことだと思うんです。ヘルパーへの遠慮もあると思うし。だから言って頂けることはとても有り難いことだと考えています。
「今後目指すこと」
来年5年になるのでケアマネジャー試験は1発合格を目指しています(笑) とにかく今は、現場の介護が楽しくて、続けていきたいと思っています。ぼくらの世代で訪問介護をしている人はまだ少ないと思います。僕が真面目に行なうことで訪問介護の印象を変えていきたいと思っています!

pagetop

お客様の家にワクワクしながら向ってます!

みずたま介護ステーション東村山 登録ヘルパー 畑山夏美

みずたま介護ステーション東村山
登録ヘルパー
畑山 夏美

「介護職を目指したきっかけ」
夫が介護職で、夫の姉がヘルパーの仕事をしていると聞いて私もヘルパーの資格を取得しました。夫、義姉に介護の方法など色々相談出来る上に娘が看護師なので、病気などについてアドバイスをもらえる恵まれた環境の中で応援してもらっています。
「みずたま介護ステーションの環境」
全く介護は初めてだったので最初はサービス提供責任者の方が出来るまで同行訪問をしてくれました。指導がわかりやすく助かりました。色々不安なこともあり、週4日はステーションに立ち寄っていたのですが、いつも誰かしら声をかけてくれました。今は5年目に入り、立ち寄り回数は減っています(笑)
「お客様にお会いすることが嬉しくて」
お客様宅に向うため自転車を漕いでいると嬉しくてワクワクします! 最初、意思の疎通が巧くいかなくても、お客様と同じ目線に立って、寄り添っていくと、だんだんとわかってきます。 お客様から「待ってたよ」の言葉を頂くと、このお仕事に就いて、本当に良かったと思います。
「良い仲間に恵まれて」
5年間、色々なお客様にお会いして辛いということは一度もありませんでした。 お客様がどうして欲しいかを常に考えていました。困ったことがあると同じ担当のヘルパーにアドバイスをもらったり、私が相談にのったり、ヘルパー同士の信頼関係が強く、チームワークが良い仲間の中で仕事が出来ています。

pagetop