• サービス提供責任者
  • ケアマネジャー

みずたま介護ステーション

東京海上グループの「みずたま介護ステーション」で一緒に働きましょう!

現任研修

ステップアップ研修

専門性をUPするために階段(STEP)を上るように研修を受講していきます。
研修カードに印鑑が押されていくのが楽しみ!
ヘルパーを例に見てみましょう。

ケアに必要な知識・技術についての研修を開催します。
受講者の声
 
Aステーション みずたまヘルパーYさん
同期入社の仲間に会えた事で、明日からの元気がもらえました。初心に帰ることの大切さを実感
「いつもケアが一杯なのでサービスマネジャーに調整してもらって何とか全項目受講ができました。研修カードをみると達成感を感じます。
特に実技は、その後入ったお客様のケアですぐに役に立ちました。」
 

 
Bステーション サービスマネジャーMさん
同期入社の仲間に会えた事で、明日からの元気がもらえました。初心に帰ることの大切さを実感
「ステップアップ研修は、ヘルパー初心者にはとても為になり、経験者には初心に戻ってケアを見直すのに役立っています。研修を受講した後も、時々テキストを見直したり、ヘルパーの皆さんにサービスに入る前に見ておいて下さいとお願いをしたりしています。
また、一緒にサービスに入っていても知らない者同士ということが多いヘルパー間の繋がりを作るのにも一役買っていると思います。」
 

スキルアップセミナー

スキルアップセミナーは、年間を通してテーマを決め、それに合った開催回数や内容、講師を決定し、みずたまの専門職のスキル向上を目指します。

開催例

2012年のスキルアップセミナーのテーマ「一生おいしく食べよう!口から食べる力を高めるケア
講義編

お客様の胃ろう造設を可能な限り回避し、口から食べ続ける幸せな暮らしをサポートできるよう、アセスメントの視点、計画作成、具体的ケア、効果の検証、取組み発表を行ないました。講師には、実際に数々の胃ろうはずしに取り組まれ効果を挙げてこられた『順天堂大学の藤尾祐子先生』をお招きしし、理論、実践に基づいたケアを学びました。

発表編

講義編の知識を活かし取り組んで頂いた内容を、ステーションごとに発表しました。それぞれの取組みについて、藤尾祐子先生よりコメントを頂き、今後の継続した取り組みや改善策の具体化を目指しています。発表編において優秀賞を受賞したステーションは、提携先である聖隷福祉事業団開催の【聖隷福祉学会】の視察に行く機会を授与されました。