東京海上日動ベターライフサービス

2018.03.26 研修・講習

[聖隷福祉学会]にて弊社発表が優秀賞を受賞しました

■2月24日に開催された「第16回 聖隷福祉学会」(主催:聖隷福祉事業団)にて、鷺ノ宮ステーションが研究発表を行い、【優秀賞】を受賞しました。

<発表演題>「バイリンガルの認知症高齢者に母国語で問いかけて意欲向上に取り組んだ事例」

<発表者> みずたま介護ステーション鷺ノ宮 田山美紀・田澤 康至
  
優秀賞は全48事例の発表の中から、6事例のみ選出される賞です。
在日外国人高齢者の母国語を活用するという新しい視点でお客様との信頼関係を築き、日常生活の意欲を取り戻す一助となった点が評価されました。

~担当者の感想~
・数値を取りまとめたり、現場のヘルパーさんに母国語でアプローチの手順の事前確認等々大変でしたが、お客様が元気になられたことや学会の場で多くの 反響や評価を頂いた事は大変嬉しく、やってきた事は楽しかったです。(田山サービス提供責任者)
・たくさんの反響と審査員の先生からの評価を頂き取り組んできた事が「根拠のあるケア」だったと実感できました。学会という大きな場で発表した責務として、一事例の取り組みだけでなく他のお客様への支援・地域への共有を行いたいと思いました。(田澤ケアマネジャー)
・母国語でお話するとお客様がとても嬉しそうな表情をされ、以前に比べると心が通じ合った様に感じていました。大きな場で賞を頂いたと聞き、日々の私たちのケアに自信が持てると思いました。(担当ヘルパー)
  
<聖隷福祉学会 開催概要>
 日時:2018年2月24(土)
 会場:アクトシティ浜松 コングレスセンター
 主催:社会福祉法人 聖隷福祉事業団
 共済:公益財団法人 ニッセイ聖隷健康福祉財団
     一般社団法人 日本老人福祉財団
     社会福祉法人 さくま

<聖隷福祉学会 開催概要>
 日時:2018年2月24(土)
 会場:アクトシティ浜松 コングレスセンター
 主催:社会福祉法人 聖隷福祉事業団
 共済:公益財団法人 ニッセイ聖隷健康福祉財団
     一般社団法人 日本老人福祉財団
     社会福祉法人 さくま