みずたま介護ステーション お客さまとともに

TOP > みずたま介護ステーションについて > 訪問介護をご利用いただいたお客さまの声

訪問介護をご利用いただいたお客さまの声

「最後の親孝行ができました」

母はがんで余命1ヶ月。一人息子の私は、母への最後の親孝行のため、家で看取ろうと病院から家へ連れて帰りました。退院したときにはしっかりと歩けていたので、母は訪問してくれたヘルパーさんを追い返していました。しかし、2週間後、母は歩けなくなりました。ヘルパーさんは、日に日に変わっていく母の体の状態に合わせて丁寧に声をかけ、介護してくれました。母はおむつを交換してもらうようになりました。退院から3週間後、目を開けることも少なく、外に行くわけでもない母の髪をヘルパーさんは、きれいにとかしてくれました。若いころからいつもおしゃれに気を配っていた母が最期まで母らしくいられました。

↓

みずたま介護ステーションでは

「最後まで自宅でその人らしさを大切にお支えします」

  • ターミナル期の急激なお体の変化にも確かな技術で対応します。
  • 「ご本人らしさ」をご家族とともに最期まで大切にします。

「離れて暮らす認知症の母も安心です」

母には認知症があります。娘である私のところへ呼び寄せようとしましたが、母は、思い出いっぱいの家を離れたがりませんでした。
認知症は進行し、着替えができなくなりました。

そればかりか外に出ると、家に戻ることさえできなくなりました。ヘルパーさんが近所を歩いている母を見つけて家に連れて帰り、ご飯を食べさせてくれた、ということがありました。

私は、「そろそろ一人暮らしは無理かな」と思いました。そんなある日、母を訪ねたときにヘルパーさんが散らかった家の中を母と笑顔で喋りながらさりげなく片付けてくれている光景をみました。

いろいろありつつも、こうしてヘルパーさんに支えてもらいながら、母が大好きな父と過ごした家でもう少しがんばって暮らせるかもしれない、 そう勇気をもらえました。

↓

みずたま介護ステーションでは

「地域の事業所も一緒にチームワークでお支えします」

  • お客様にとって大切なご自宅での生活を支援します。
  • 認知症の一人暮らしでも安心してお任せください。
  • 生活、健康の基本となる水分・食事摂取、排泄、清潔保持やご自宅の掃除など
    安全にお過ごしいただけるよう環境整備も行います。
  • 認知症ケアでは、ご家族のサポートも行います。

「家族の介護が楽になりました」

私は要介護5で生活の全てに介助が必要です。鼻から管を通して栄養を注入しています。身長は170cm、体が大きいので、150cmしかない小柄で腰痛もちの妻が私を介護するのは大変です。私は妻が体を壊すのではないかと心配でした。ケアマネジャーさんは、そんな私たち夫婦に次の提案をしてくれました。朝夕のオムツ交換やベッドから起こす「力のいる介助」はヘルパーさんに任せ、妻には、食事作りや私の口をきれいにする、「力のいらない介助」といった役割分担です。

今では妻は慣れたヘルパーさんと話すのも良い気分転換になっているようです。 こうしてこれからもヘルパーさんの力を借りながら自宅で妻と一緒に暮らしていきたいと思っています。

↓

みずたま介護ステーションでは

「ご家族の状況やお気持ちにも心を配り、介護します。」

  • ご家族では難しい大柄な方、重度の介護も
    専門スキルを持つヘルパーなら安心して任せられます。
  • ご家族が負担に感じる介護をヘルパーが担当し、
    ご家族の介護負担を軽減します。
  • 住み慣れたご自宅でご家族が安心して暮らせるように支援します。